予防接種

ポリオ(急性灰白髄炎)、麻疹(はしか)、日本脳炎、おたふくかぜ、風疹、ヒブ(Hib)、水痘(みずぼうそう)など
各種予防接種を行なっております。ご希望の方は受付までご相談ください。

予防接種について

予約時間の10分前におこし下さい。また予診票をあらかじめ記入していただくと、待ち時間の短縮になります。

当院は愛知県広域予防接種事業の協力医療機関です。

愛知県広域予防接種事業とは?
接種を希望する方が住民登録している市町村以外にある医療機関でも定期予防接種を受けることができるようになる制度です。
名古屋市にお住いの方は当院で手続きのお手伝いをさせていただくことが可能です。
はじめて当院で接種を希望される方は窓口にお問い合わせください。
【ご参考】名古屋市「愛知県広域予防接種事業について」案内ページ
大府市にお住いの方は健康増進課(保健センター)の窓口で申請をしてください。
<持ち物>母子健康手帳、大府市の予防接種予診票、保険証、子ども医療証

入園・入学前に予防接種を済ませましょう。

4月から、保育園・幼稚園・小学校などに入園・入学を控えているお子さんは、新たな集団生活の前に予防接種を済ませておくことが大事です。
特に、0〜1歳児は、多くの定期接種のワクチンの標準的な接種年齢にあたっています(表)。
効率よく接種できるように、接種スケジュールをよく検討して接種を行いましょう。
園・学校での感染症対策の手引きには、「保育所における感染症対策ガイドライン」※1)などがあります。
※1)厚生労働省:2012年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン 平成24年11月
年齢 ワクチン(定期接種)
0歳 Hib(初回)、肺炎球菌(初回)、B型肝炎、DPT-IPV(1期初回)、BCG
1歳 MR(1期)、Hib(追加)、肺炎球菌(追加)
1〜2歳 水痘(2回接種)、DPT-IPV(1期追加)
3〜4歳 日本脳炎(1期)
5〜6歳 MR(2期)
(表)標準的接種年齢別の定期接種ワクチン(入園・入学前の小児対象)
国立感染症研究所:日本の定期/任意予防接種スケジュール(平成28年10月以降)より作表
※MR(2期)ワクチンは小学校入学前までが接種期間です。まだ実施されていない方は接種もれのないように気をつけましょう。

予防接種の種類

定期予防接種
  • Hib(ヒブ)・・・生後2カ月より接種開始。
  • 小児用肺炎球菌・・・生後2カ月より接種開始。
  • 四種混合・・・生後3カ月より接種開始。
  • BCG・・・生後5カ月~1歳になるまでに接種。
  • 二種混合・・・満11歳頃接種。
  • 麻疹風疹混合・・・1期=1歳〜2歳。2期=小学校入学前の1年間。
  • 日本脳炎・・・生後36カ月から接種開始。
  • 水痘(水ぼうそう)・・・生後12カ月より36カ月の前日までに原則2回接種(2回目は3ヶ月以上あけて)
  • B型肝炎・・・生後2カ月より接種開始。3回接種。
  • ※子宮頸がんワクチン接種を希望される方はお電話でお問い合わせください。
任意接種
  • ロタウイルス・・・2回又は3回
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) ・・・2回
  • インフルエンザ・・・13歳以下2回